押切もえの過去はギャルだったんですね。

ここでは、「押切もえの過去はギャルだったんですね。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『CanCam』の専属モデルで蛯原友里、山田優と同誌のTOP3専属モデルの一人です。

その昔の写真と比べてのあまりの顔の変化に整形をしているのでは?
という噂が多い押切もえさんです。

昔はギャル雑誌の読者モデルをやっていたので相当なギャルメイクをやっていたんで、現在との変化を見ると美容整形っていう噂が出るのも仕方がないのか?

押切もえ現在03


【押切もえの情報】
松戸市立第五中学校卒業後、昭和学院高等学校に入学するも中退。 翌年、千葉県立市川西高等学校の一学年下に再入学した(後に卒業)。
まだ“読者モデル”という言葉がそれほどメジャーではなかった時代に、雑誌『ポップティーン』に登場。その後、雑誌『egg』の読者モデルを経て、再び雑誌『ポップティーン』の読者モデルへとステップアップし、着実にファンを増やしていった。
読者モデル時代はスーパーモデルならぬ“スーパー高校生”や、“コギャルのトップ”などの呼び方をされ、押切は「もえ」として、同じく当時の人気読者モデル・福永花子の「花子」と共に、女子高生達のカリスマ的存在でもあった。『ポップティーン』卒業後も、当初は何度か紙面にゲスト登場したことがある。
一度、雑誌『ViVi』のモデルに転身をはかるも失敗し、ポップティーンに出戻る。そして2001年に大人系女性を目指して『CanCam』の専属モデルとなる。蛯原友里、山田優と同誌のTOP3専属モデルとまで言われる人気モデルとなった

【現在】
押切もえ現在02

【ギャルモデル時代】
押切もえ過去_現在押切もえ過去03押切もえ過去02押切もえ過去01
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beauty2yahoo.blog22.fc2.com/tb.php/29-470a4725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。